施設・設備のご案内

施設・設備のご案内

受付 待合室
受付 待合室

病院のエントランスから風除室を抜けると、正面にあるのが受付です。オープンカウンターですので、待合室と一体になって開放感があります。

こちらにスタンバイしている動物看護師に、どのようなことでもお気軽にお申し出ください。

当院で最も広いスペースが待合室です。

正面のオープンカウンターを挟んで左右両サイドに分かれています。天井を高くし、飼い主様と動物たちが少しでも不安感なく快適に過ごせるよう、広い待合室にしました。色も、温かみのある木目調とオレンジピンク色でリラックスできるようにしました。ワンちゃん・ネコちゃんたちがそそうしたら、スタッフに声をかけてください。

診察室 検査室
診察室 検査室

はじめに入っていただくのがこの診察室です。

一般的な内科、外科の外来診療を行います。動物たちとじっくり向かい合い、飼い主様からの詳しい問診を行ったり、視診、触診、聴診を徹底的に行います。検査を行う内容、診療方針など飼い主様がご納得頂けるようご説明致します。

血液検査、超音波エコー検査など様々な検査、手術前の毛刈り処置などに対応しています。

眼科診療室 手術室
眼科診療室 手術室

明るい部屋では、目の角膜に周囲の物が映り込んで検査が出来ないため、こちらの部屋には窓がありません。

前眼部を検査する細隙灯(スリットランプ)検査、網膜などの眼底を検査する眼底カメラ、網膜の機能を検査する網膜電位図(ERG)測定装置、眼圧を測定するトノペンなどが装備してあります。

また、検査した画像をファイリングシステムにて記録し、飼い主様にはモニターをご覧頂きながら詳しくご説明致します。

吸入麻酔器、心電計、血圧、体温、呼気炭酸ガス濃度、経皮的血液濃度飽和度など麻酔時の動物の状態を監視しています。

電気メス、半導体レーザーなどを用いて、手術時間の短縮と少ない出血を目指しています。

また、各種眼科手術(緑内障や角膜疾患等)など、精密さを必要とする手術では手術用顕微鏡を用いて行います。

小動物用ICU装置
小動物用ICU装置

ゲージ内の温度、湿度、酸素濃度を設定することができます。

呼吸状態の悪い動物の治療に効果を発揮します。